ペーパードライバー専門の講習というもの

長くペーパードライバーだけど、久しぶりに車に乗ってみたい。
そんなふうに思っている方もきっとおられるはずで、ペーパードライバーの方が久しぶりに車に乗るときは、その勘を取り戻すために講習を受けておいたほうがいいでしょう。

いわゆるペーパードライバー専門の講習というものがありますので、それを教習所などで申込むことで受けることができます。
もっとも、あまりにも久しぶり過ぎていきなり本格的なコースはちょっと無理という人もいるかもしれません。
そのような場合は、講習体験コースをまず受けてみて、それで自信を付けてから本格的な教習を受けるという方法もあります。
講習体験コースというのは、いわゆるお試しコースのようなもので、文字通りペーパードライバーだけをターゲットにした、基礎メニュー中心の軽いウォーミングアップのようなものだと思えばいいでしょう。
運転技術はおろか、車の始動方法さえ忘れているような人には、この講習体験コースはもってこいであるといえます。

とはいえ、講習体験コースであってもそれなりに充実したプログラムが組まれています。

初心者の為の車の講習

初歩的な基本操作を講習体験コース

実際の内容はスクールごとに違いがありますが、車庫入れや縦列など除いて、初歩的な基本操作を講習体験コースで学ぶことができます。
一番簡単なところでは、車を走らせるまえの基礎知識です。
これは、運転姿勢やポジション、座席の調整、ルームミラー・サイドミラーの調整、ハンドルの握り方などを教わります。
また、オートマチックの場合はその操作法、アクセル、ブレーキの各基本操作、次いでワイパー、ヘッドライト、ウィンカー、ハザードなどの操作方法も教えられます。
その後、エンジン始動を教わり、始動してからのアクセル・ブレーキの操作法、ミラーの使い方やその重要性などを伝授してもらいます。
実際の走行も行われます。 走行では道路に合わせた走行の仕方を学び、交差点や信号での判断、緊急時の対応などを教わります。
いずれも基礎的なものばかりですが、長くペーパードライバーを続けてきた人にとっては、感覚を取り戻すための意義深い教習内容となります。
そういう意味で、たが講習体験であってもその内容はとても充実していることが分かります。